デイジーチェーン方式でのイーサネット通信

 

互いに連動した工場の生産プロセスは、場合によっては、デイジーチェーン方式(バスケーブリング)で接続されます。これは、いくつかの機器が次々と直列接続(数珠繋ぎ)されていることを意味します。通常、最初の機器は、盤内のコントローラであり、イーサネットケーブルを使用して現場側の分散型I/Oボックスや各機器センサー/アクチュエータに配線されます。

ワンポイント:

 

  • 制御盤PLCから現場側のI/Oボックス等の接続は、銅導体のETHERLINE®ケーブルまたはパッチケーブルを使用して配線します。
  • 現場側では、センサー/アクチュエータから分散型I/Oボックス等へはM12コネクタ(保護等級IP67)を介して行われます。

使用製品:

 

制御盤から分散型I/Oボックス、センサー/アクチュエータへのネットワーク配線:

その他ETHERNETアプリケーション

制御盤

イーサネット通信

盤-機械・装置間

イーサネット通信

盤間

イーサネット通信

ロボット

イーサネット通信

可動アプリケーション

イーサネット通信

オフィスLAN

イーサネット通信

ディジーチェーン方式

イーサネット通信

ご質問やご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お困りですか?

ご質問やご不明な点がございましたら

お気軽にカスタマーサービスまでお問い合わせください。

 

   03-4520-6245


sales@lappgroup.jp

カスタマーサポートカスタマーサポート