カリフォルニア州法プロポジション65 ー「1986年安全飲料水および有害物質施行法」

お客様各位

LAPP製品は、カリフォルニア州法プロポジション65の規定おいて、免除されているとみなされています。しかし、カルフォルニア州で発癌性、出生異常及び生殖異常を引き起こすことが知られている化学物質が含まれる場合があります。

 

LAPP本社ドイツからは、カリフォルニア州法プロポジション65(California Proposition 65)についての対応レターが発行されています。以下よりダウンロード頂けます。

 

カリフォルニア州法プロポジション65とは、1986年、カリフォルニア州有権者の直接投票により有害化学物質への暴露に関する懸念の高まりに対応するために可決された法律です。正式名称を「1986年の安全飲料水及び有害物質施行法」といい、元の名前の「プロポジション65」としても知られています。

プロポジション65では、発癌性、出生異常及び生殖異常を引き起こすことが知られている有害化学物質のリストの維持及び公表が求められています。リストは、最低でも年に一度更新する必要があり、1987年の発行以来、900以上の化学物質が収載されています。

プロポジション65は、企業が購入した製品に含まれる化学物質、住宅又は職場、環境に放出した化学物質について、カルフォルニア州民に通知することを企業に求めています。プロポジション65で規定されている情報提供により、カルフォルニア州民は、化学物質への暴露から身を守るために、詳細な情報を得た上で判断することが可能になりました。また、プロポジション65は、カルフォルニア州の企業がリストに収載されている大量の化学物質を飲料水源へ故意に排出することを禁じています。 

取り扱い頻度が稀なコードは、プロポジション65の電線及びケーブルの決定に基づき、サンフランシスコの裁判所に提出される同意判決という形で免除されます。

電源コードやその他対象製品は、そのサイズ、重量又は機能により、取り扱い頻度が低いことが同意を受け(例えば、通常プラグの抜き差しがない場合での設置など)、取り扱い頻度の低い製品200件以上が、リストして和解契約(Settlement Agreement)の別紙Fに作成されました。取り扱い頻度の低い電源コードとは以下のような製品が対象となります。

 

[電線・ケーブルの免除対象品]:

建築用電線、プリンタケーブル、ライザー/プレナムケーブル、スピーカーワイヤ、テレコムデータケーブル、テレコム動力ケーブル、電話動力及びデータコード、サーモスタットケーブル、ユーティリティケーブル、信号ケーブル、電力コントール / 計装ケーブル、ユーティリティ電線及びケーブルなど。また、一般的にユーザーが触れることのない内部部品などのコードも免除対象です。

 

ご質問やご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お困りですか?

ご質問やご不明な点がございましたら

お気軽にカスタマーサービスまでお問い合わせください。

 

   03-4520-6245


sales@lappgroup.jp

カスタマーサポートカスタマーサポート